トーンフォレスト

120-0033 足立区千住寿町32-1
火-金11~22時 土日祝10~22時

電話03-3882-5888

音楽教室 講師紹介

ピアノコース

相原 一智 Kazutomo Aihara

    曜日:

東京藝術大学卒業、同大学院修了。
第7回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第1位。
第5回野島稔・よこすかピアノコンクール入選。
その他多くのコンクール・オーディションに入賞。

出身新潟(2017年音楽文化会館、2014年だいしホール)、東京・銀座ヤマハ、その他各地にてソロリサイタルを行い、好評を博す。
横浜・保土ヶ谷クラシックコンサートシリーズにおいて、2010年より、サロンリサイタルを継続している。 東京音楽学校旧奏楽堂にて、「木曜コンサート」出演。数多くの、ピアノ協奏曲の共演・アンサンブル・ゲスト出演・ジョイント・伴奏活動を行う。

これまでに埜上鏡子、西川秀人、大谷真実、梅原圭、渡辺健二の各氏に師事。
モスクワ音楽院国際サマースクールを受講、選抜者による演奏会に出演。太田国際音楽セミナーにて故イーゴリ・ニコノーヴィチ(スクリャービン作品のスペシャリスト)、リュドミーラ・プルゥーシニク、イーゴリ・レベデフの各氏によるマスタークラスを受講。講師と共に演奏会に出演。
演奏活動の他、後進の育成、作曲・アレンジ等にも携わっている。


写真:ピアノコース講師 相原一智

内嶋 珠里 Juri Uchijima

    曜日:

4歳よりピアノを始め、6歳より桐朋学園大学附属子供のための音楽教室入室。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
これまでに、杉本安子氏、岡本美智子氏に師事。

ショパン国際ピアノコンクールinASIA 全国大会入賞、アジア大会ファイナルディプロマ。
洗足ジュニアピアノコンクール本選優秀賞(第3位)。
全日本アールンピアノコンクール全国大会入賞。
全日本バッハコンクール全国大会入賞。
その他に数々のコンクールで受賞を重ねる。

クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさま(現 茨城国際音楽アカデミーinかさま)にて、パスカル・ドヴァイヨン氏、クリストファー・エルトン氏、青柳晋氏のレッスンを受講。

2019年1月よりGVIDO MUSIC株式会社主催のオーディションに合格し、「GVIDO IX」のピアニストとして活動開始。
演奏活動の他、東京・神奈川の音楽教室にて講師としても活躍する。
ヤマハ指導グレード取得。


写真:ピアノコース講師 内嶋珠里

藤村 瑠美奈 Lumina Fujimura

    曜日:

千葉県出身。3歳よりピアノを始める。
市原中央高等学校普通科芸術コース音楽専攻卒業後、東京音楽大学器楽専攻ピアノ科に入学。
卒業後は中学校の音楽科講師として教鞭を執る。

また19歳よりキーボードを始める。21歳でガールズメタルバンド「絶対倶楽部」を立ち上げ、キーボーディスト・メインコンポーザーとして活動。
そのほかにもYAMAHAショルダーキーボードデモンストレーターや出版用バンドスコアの制作、バンドアニメの演奏時モーションモデル(キーボーディスト役)など、活躍は多岐にわたる。

現在はバンド「VOLCANO」をメインにバンドのサポートメンバーとしてライブ活動を行うほか、ピアノ講師として後進の指導も行なっている。
ピアノを鈴木直美氏に、キーボードを岡垣正志氏(テラ・ローザ)に師事。


写真:ピアノコース講師 藤村瑠美奈


降旗 真理子 Mariko Furuhata

    曜日:

桐朋学園大学音楽部音楽科ピアノ科、桐朋学園大学院大学を卒業。

ユーロレジョン国際ピアノコンクール第1位および仏アラス市市賞、第53回全日本学生音楽コンクール東京大会第2位、ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール2020 in Tokyoに於いて第3位及び「G.ヘンレ社・ヘンレ原典版賞」受賞他、国内外のコンクールで入賞を重ねる。

2008年、2009年ウィーンにてアレキサンダーイェンナー氏のマスタークラスを、2013 年マンハイム音楽大学学長ルドルフ・マイスター教授のマスタークラスを終了。
2011年「長野県新人演奏会」に選抜出演。2019年サントリーホール(大ホール)で行われた「MUSIC VOTE アーチ・ガラ・コンサート」に、動画投票で選出され出演。

2020年3月に、所属するトリオ「flcepia」にて初のアルバムをリリース。その他、アンサンブルを中心に、毎年演奏会を多数企画・開催。

これまでに、ピアノを渡辺泉、宮本久美子、大橋京子、中井恒ニ、野島稔、若林顕各氏に師事。室内楽を岩崎洸、藤原浜雄、新実徳英、上田晴子、Teresa Lepold の各氏に師事。

現在、美術館や公共施設でのランチコンサート、保育園や小学校へのアウトリーチ演奏など幅広いジャンルで活躍するとともに、ソロだけでなく、コンクール伴奏者、室内楽ピアニストとして数多くの音楽家と共演を重ねている。


写真:ピアノコース講師 降旗真理子

山川 瑠璃子 Ruriko Yamakawa

    曜日:

桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て、桐朋学園大学音楽学部研究科卒業。

第38回全国町田ピアノコンクール第2位。
第7回横浜国際音楽コンクール大学生の部第4位。
第21回やちよ音楽コンクール第3位(奨励賞)。
第60回東京国際芸術協会新人オーディション合格。
第9回東京ピアノコンクール2台ピアノ部門第3位。

これまでにピアノを中野洋子、紅林こずえ、2台ピアノを加藤真一郎、江澤聖子、藤井一興の各氏に師事。ミシェル・ベロフ、パスカル・ドヴァイヨン、ミハエル・ヴォスクレセンスキー、ジャック・ルヴィエ、ベルント・ツァックの各氏の特別レッスンを受ける。また、アレキサンダーテクニックをルカス・ロレンツィ、笠原純子の各氏に学ぶ。

現在は後進の指導とともに、ソロリサイタルやアンサンブル等の演奏活動にも力を入れている。


写真:ピアノコース講師 山川瑠璃子


今村 礼奈 Rena Imamura

    曜日:

鹿児島市出身。鹿児島国際大学短期大学部音楽科卒業(在学中特待生)。
ポーランド国立フレデリック・ショパン音楽大学研究科、及び同大学鍵盤器楽科ピアノ専攻修士課程修了、Magistra sztuki(芸術修士)の学位取得。

ピアノを片野田郁子、江崎昌子、ラミーロ・サンジネス、山本貴志、イエジェ・ロマニウクの各氏に、室内楽をバルバラ・ハルスカ、ヨアンナ・マクラキェヴィチュの各氏に師事。

第6回ショパン国際ピアノコンクールinASIA九州地区本選金賞、アジア大会銅賞。
全日本学生音楽コンクール 第56回入選、第57回奨励賞。
第25回ピティナ・ピアノコンペティション南九州地区本選第1位、全国大会入選。
第10回フッペル平和祈念鳥栖ピアノコンクール第1位、特別賞 鳥栖市教育長賞受賞。
日本クラシック音楽コンクール ピアノ部門 第12,14,19回 全国大会入選。
第15回大阪国際音楽コンクールピアノソロ部門リサイタルコースファイナル入選。
第2回国際ピアノコンクール“ISCHIA”(伊) Cat. F Diploma授与。
第20回ブレスト国際ピアノコンクール(仏)ショパン部門1re medaille受賞。
第28回外国人留学生選抜コンクールinアントニン Dyplom 授与。
 (ポーランド国内から7名選抜、ショパン音楽大学から代表として出演)
その他多数入賞。

鹿児島国際大学代表として第80回読売新人演奏会・第4回九州新人演奏会・第26回鹿児島新人演奏会に出演。
ソリストとして、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、九州交響楽団メンバーによる福岡室内合奏団、鹿児島モーツァルト室内オーケストラ、アンサンブル“ヨカ”と共演。
日本・ポーランドを中心に国内外にて毎年ソロ・デュオリサイタルを開催。

現在、ソロやアンサンブルの演奏活動の他、マスタークラス通訳、東京未来大学音楽実技助手、洗足学園音楽大学演奏補助要員を務める。


写真:ピアノコース講師 今村礼奈

沓澤 玲奈 Rena Kutsuzawa

    曜日:

4歳よりピアノを始める。
市原中央高等学校普通科芸術コース(音楽)を卒業後、東京音楽大学器楽専攻(ピアノ)に入学。

在学中、第16回日本演奏家コンクールピアノ部門大学生の部入選。東京音楽大学ピアノ専攻3年定期試験成績優秀者による第6回学内演奏会など、学内外の演奏会に出演。
2016年夏にドイツで行われた音楽祭「CIMF Germany」に参加。

2017年に東京音楽大学を卒業し、同大学大学院修士課程器楽専攻鍵盤楽器研究領域(伴奏)に入学。
ソロだけでなく、伴奏ピアニストとしても活動を始める。
2019年3月に東京音楽大学大学院修士課程を修了。

これまでにピアノを石井克典、山洞智、田中昌子、半澤佑果、樋口愛、横林純子の各氏に師事。
現在は演奏活動のほか、東京・千葉で後進の指導にあたる。
東京音楽大学ピアノ伴奏非常勤研究員。


写真:ピアノコース講師 沓澤玲奈


バイオリンコース

大池 郁乃 Ikuno Ooike

    曜日:

東京都出身。5歳よりピアノを、10歳よりヴァイオリンを始める。
東邦音楽大学附属高等学校を経て同大学ヴァイオリン専攻卒業。洗足学園音楽大学大学院ヴィオラ専攻修了。これまでにヴァイオリンを篠原瑛子、宮崎孝江、平澤仁、ルネ・シュタールの各氏に、ヴィオラと室内楽を大久保淑人、岡田伸夫、大野かおるの各氏に師事。

大学在学中、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を大学オーケストラと共演。定期演奏会ソロの部、卒業代表演奏会に出演。
第10回日本演奏家コンクール最高位受賞。2011年より『若きヴィオリストたちの饗宴』に毎年出演するほか、2016年、2019年にリサイタルを開催。第16回宮崎国際音楽祭、飛騨高山音楽祭に参加。ライナー・キュッヒル、ミヒャエル・クーゲル各氏のマスタークラスを受講。

現在は、ソロ、室内楽、オーケストラの演奏やレコーディング、後進の指導にあたる他、ヒンデミットのヴィオラソナタ全曲演奏に取組んでいる。


写真:ヴァイオリンコース講師 大池 郁乃

崔 樹瑛 Sooyoung Choi

    曜日:

京都府出身。京都市立音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部卒業。

五嶋みどりレクチャーコンサートにてファイナリスト賞。
万里の長城杯国際音楽コンクールにて第1位 及び中国駐大阪総領事賞。
大阪国際音楽コンクール室内楽部門 第3位。
リゾソーレ室内楽セミナーにて緑の風奨励賞受賞。 等

韓国にて開催されたEuro Asia Music Festivalに参加し、ファイナルコンサートのソリストに抜擢され、フェスティバルオーケストラと共演。
神奈川朝鮮中・高級学校のオーケストラと「思郷歌」を演奏。
2016年ピアニストの半澤佑果氏と東京と大阪にてデュオリサイタルを開催。

これまでに室内楽を岡山潔、服部芳子、山口裕之、河野文昭、山崎伸子、川崎和憲の各氏に師事。
ヴァイオリンを木村和代、堀 正文、玉井菜採、故若林暢、ヤン・ソンシクの各氏に師事。
現在、日本高齢者交流パートナーの音楽プロデューサー、川崎市民交響楽団のコンサートミストレス、室内楽やソロ、朗読劇やレコーディング等で活動中。
メディアへの出演も多く、近年では映画「昼顔」のテーマ曲に携わっている。
また、オリジナル曲にも挑み「ワルツな気分」や「Be Happy」、「おっちょこちょいな猫」等を作曲している。


写真:ヴァイオリンコース講師 崔 樹瑛

↑このページのはじめに戻る